Calendar

7月
28
市民集会 @ 東京大学駒場キャンパス
7月 28 @ 13:00

「優生保護法に私たちはどう向き合うのか?――謝罪・補償・調査検証を!」

共催:優生手術に対する謝罪を求める会/優生保護法被害弁護団/障害学会/DPI女性障害者ネットワーク/優生手術被害者とともに歩むみやぎの会/CILたすけっと/DPI日本会議/SOSHIREN 女(わたし)のからだから(2018年6月2日現在)

以外、転載

====

私たちは、「優生保護法」にもとづく強制的な不妊手術の被害について、国は調査を行い、被害者に謝罪と補償を行うよう求めてきました。今年になって、被害に遭われた方々4人が、国に損害賠償請求の訴えを起こし、その報道を通して、多くの方が関心をもってくださるようになっています。

3月には、超党派の国会議員連盟と与党のプロジェクトチームが発足し、厚労省は都道府県市町村に優生手術に関する記録や資料の保全と調査を、また、医療機関や施設のカルテなど記録の保全を要請しています。5月24日には超党派の国会議員連盟の中に「法案作成プロジェクトチーム」ができ、来年の通常国会に上程をめざすとのこと。被害者への補償に向けた動きが、大きくなりました。

私たちの長年の願いが形になったことを喜ぶとともに、ここから先がさらに大切と考えています。調査、検証、謝罪、補償が、おざなりで終わることがないよう、働きかけを強めていかなくてはなりません。とくに、裁判所も国会もお休みになるこの夏、社会がこの問題を忘れないように、集会を開きたいと考えました。

各地で行動する皆さんとともに、この間の動きと情報を共有し、被害者の補償に向けた法律案に何が盛り込まれるべきか、多くの方々とご一緒に考える機会にしたいと思います。そして、この集会をもって、社会に広く問題を提起していきたいと思います。

皆様、ぜひ、ご参加ください。当日会場で発言をしてくださる団体は、ご連絡ください。他の集会等でおいでになれない場合も、団体名とメッセージをお寄せいただければ、紹介させていただきます。

8月
6
東京訴訟第1回期日 @ 東京地裁 103号法廷
8月 6 @ 14:00

傍聴券の配布・抽選は、一週間前を目処に裁判所サイトに掲載されると思いますので、そちらをご覧ください。

 

 

東京訴訟第1回期日後集会 @ 弁護士会館5階502ABC
8月 6 @ 15:00 – 17:00

東京訴訟第1回期日の共有と意見交換を行います。

東京訴訟第1回期日のお知らせチラシ

9月
12
第3回口頭弁論期日(第一次仙台) @ 仙台地方裁判所
9月 12 @ 16:00 – 17:00
11月
28
第4回口頭弁論期日(第一次仙台) @ 仙台地方裁判所
11月 28 @ 16:00 – 17:00